東洋測器(株)
ホーム > 会員企業の紹介

東洋測器(株)

2011年07月06日(水)3:21 PM

■ご挨拶

私共、東洋測器株式会社は、昭和61年創業以来、
①より良い製品をより安くタイムリーに、
②無駄を排除して製品原価の徹底的低減、
③品質向上こそ生産性向上の必須条件、
④品質は工程で造り込むを、会社基本理念に掲げ、計量計測の総合メーカーとして
事業を展開し、今日に至っております。
私共が開発した各種製品は、半導体,鉄鋼,林業,薬品,建設,医療,放射線廃棄物等、各種産業分野においてお客様から高い評価をいただいております。
お客様に育て上げられた計量計測のノウハウをもとに、小さいセンサ,薄いセンサの創意工夫を重ね、より信頼性の高い製品を提供し続けお客様に満足を頂き、社会に貢献してまいります。

■会社概要

所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-24
TEL 045-540-8353
FAX 045-544-8354
設立 昭和61年7月18日
資本金 3,500万円
代表取締役社長 串田 健司

■製品紹介

時代の移り変わりと共に変化するお客様ニーズに答えるべく、各種センサを設計・製造しております。専用のひずみゲージを社内にて設計製作することにより、より小型化また特殊品へのセンサ組込みにも柔軟に対応することが可能になりました。
また、日本全国を網羅する計量計測機器の現地分銅校正サービスも行なっており、お客様の製造工程ライン効率維持にもご協力させていただいております。
また、世界的ロードセルメーカーであるビシェイ社の日本総代理店として、
お客様の満足ゆく製品・サービスをご提供させていただいております。
ロードセル・デジタル指示計
外径φ6mmという超小型のものから高容量タイプまであらゆる用途でご使用いただけるセンサをラインナップしております。またデジタル指示計・アンプも各種ご用意。

台はかり
超小型のものから2mを超える大型のものまで、あらゆる計量場面に合った台はかりを設計製作しております。最近では、ゴミの重量管理によって廃棄物処理削減等エコ・環境分野にも活躍しています。


日本軸受加工(株)

2011年07月06日(水)3:13 PM

■ご挨拶

当社は創業以来日本精工株式会社の技術援助を受け、又皆様方の大きなご愛顧によってこのほど新横浜に自社工場を建設するまでに成長することができました。
永い間のご厚情に対し心から御礼申し上げます。これからも極めて高度な品質と素早い対応で“良い製品を早く安く”をモットーに皆様方に満足して頂けるような仕事をしたいと社員一人一人が初心にかえって努力してゆくべく誓い合っています。
また、それらの一環としまして、2008年8月にISO9001認証取得を取得いたしました。
今後とも一層のご指導を御願い申し上げます。
                                                                                                         

■会社概要

所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-22
TEL 045-540-7210
FAX 045-540-7212
設立 1971年3月3日
資本金 1,000万円
代表取締役社長 伊藤 正憲

■製品紹介

永年の経験を積んだ技術者が加工と検査を担当しており加工精度の良さを誇りにしています。
品質管理の基準については、日本精工㈱より交付された規定に基づいて実施しております。
各種軸受の組合せ加工、すきま手直し、油穴加工の他に、内径10㎜から外径800㎜程度までの特殊材料、特殊寸法の軸受の各種加工、製作も行っています。
またスピンドルの修理とボールねじの軸端加工、リニアガイドの切断なども豊富な経験をもった専門技術者が自信を持って行っていますので合せてご用命下さい。
各種軸受加工及び製作
玉軸受及び間座付組合せ加工、特殊形状間座、
すきま手直し、油みぞ・油穴加工、
Nみぞ・Vみぞ加工、円筒ころ軸受の内輪及び外輪の製作、つば輪の製作、特定用途軸受製作


 

(株)ヒートエナジーテック

2011年07月06日(水)2:59 PM

■ご挨拶

各種工業用熱処理設備メーカーとして大きなご支援をいただくガスデンロは、創業以来金属熱処理のパイオニアとして数多くの製品を世に送り出してきました。
変革する時代のなかにあって、熱を知り尽くした長年の経験を生かし、独自の技術を研究開発し、わが国産業の発展に貢献してまいりました。
いま私たちは 、かつて経験したことのない深刻なレベルの地球環境問題に直面しています。
ガスデンロは、人と地球にやさしい技術を追求し、熱処理技術のリーディング・カンパニーとして、高度な未来を提案し続けてまいります。

■会社概要

所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-21
TEL 045-542-0771
FAX 045-541-1725
設立 昭和31年9月12日
資本金 4,000万円(授権資本金1億6千万円)
代表取締役会長

 丸茂 等

代表取締役社長

 村田 陽一

事業内容 各種工業用熱処理設備の設計・製造・販売
特徴 「事業の源は研究開発にある」という理念のもと、ガスデンロは積極的に研究開発活動に取り組み、たゆみない創造と技術革新を続けています。
研究開発活動は、親会社の㈱桂精機製作所が有する「ガス燃焼工学研究所」をはじめとして、いくつもの大学や研究機関と産学協同体制を築いており、
その成果は広く先端産業の分野まで及んでいます。

■製品紹介

TBE型連続式熱風テンパー炉
メッシュコンベアー搬送により処理時間が一定(デジタル式自動温度制御)
◆用途:コイルバネ、板バネの熱処理。
    ブルーイング、乾燥およびベーキング。
◆特長:品質安定、省力化、省エネルギー。取り扱いが容易です。

TSO型連続式オーステンパー炉
複雑形状の製品もコンベアー駆動方式により
自由に連続投入が可能です。
◆用途:薄板バネ、小物部品
◆特長:品質安定、省力化、省エネルギー。取り扱いが容易です。

 

(株)シルファー

2011年07月06日(水)2:07 PM

■ご挨拶

換気は住まいの呼吸です。
シルファーは、マンションやビルなどの換気口を製造販売しています。
高気密住宅で起こりやすい室内空気汚染や結露被害を軽減し、常時換気で人にも建物にも健康な住空間を提供できるよう努めています。
換気の効果を確認しながら、「安心して生活できる換気生活」を目標に、換気関連製品の開発やサービスを提供していきます。

製品の特徴とこだわり

シルファー製品は、ひとつひとつにアイデアと工夫が詰まっています。
優れた実用性を生み出す多くの独自技術は、特許・実用新案として登録されています。
風の少ない換気板やダンパー付製品の異なる作動温度の専用部品などは他社に先駆けいち早く取り入れて特許を取得しています。
また、深型フードに装備している雨水侵入防止リングや気流を3方向に分散させ、天井面の汚れを軽減させる技術は実用新案です。

■会社概要

■所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-20
■TEL 045-546-4445
■FAX 045-546-4443
■設立 1993年3月11日
■資本金 7,000万円
■代表取締役 川口 聡

■製品紹介

壁汚れ対策シリーズ
・軒天汚れ、袖壁や外壁内壁の汚れに対応する製品が揃っています。
・写真の製品は、風向制御と結露受け機能付のオリジナルデザインです。
・外壁に調和した色に塗装できます。
・平型ベントキャップ
・深型フード
・防風板付
・室内用レジスター
その他、防音フード・ジョイントホース等を取り揃えています。

施工例
マンションに施工された高層対応の換気口

(株)東京ダイス

2011年07月06日(水)1:56 PM

■ご挨拶

ニーズに育てられたミクロの加工技術は半世紀を迎えることができました。
受注生産型から開発研究型へ改革しています。それは受身の姿勢ではなく、積極的に提案し製品の価値を付加する形が当社の経営スタイルです。
現在は、豊富な経験と技術で多様なニーズに応え、精度の高い超硬製品や差別化された高付加価値の液体制御製品を市場にお届けしています。
更に、全社員が「時代に即した製品つくり」を一丸となって努力していきます。

■会社概要

■所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-19
■TEL 045-534-0021
■FAX 045-534-0034
■設立 1948年12月3日
■資本金 2,000万円
■代表取締役 藤井 亮平

■製品紹介

超硬耐磨耗製品
電子部品用工具・電線被覆工具・冶工具・刃物等

微細放電加工
微細放電加工機による半球面加工(0.25R)

液体制御製品
塗膜の安定性を図るガンマウントレギュレーター(特許製品)

新羽金属工業(株)

2011年07月06日(水)1:20 PM

■ご挨拶

『人類は炎を操ることで、進化してきた』
ひましに激化する競争社会の中、単に納期を優先した製品づくりではなく、高精度・高品質な製品をいかに合理的にお客様へお返しできるのか、私達は総合熱処理メーカーとして、 開業以来持ちつづけてきた変わらぬ技術と惜しまぬ努力で、 これらの問題をパワフルかつスピーディに解決していきます。
常に製品づくりに情熱を注ぐ一人一人の力に加え、臆することなく最新機械を導入し、さらに高いクオリティを目指す。
熱処理業界に幅広い付加価値を創造し、お客様の信頼に応え、新羽金属工業は新たな羽を広げ大空高く躍進していきます。

■会社概要

所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-18
TEL 045-543-2813
FAX 045-543-2278
設立 昭和48年11月
資本金 2,000万円
代表取締役社長 奥谷 将之

■製品紹介

弊社は新天地に移り新たに真空浸炭炉、
無酸化炉など増設しお客様のニーズにお答えしてまいります。
また長年培ってきたネットワークで材料購入から焼入は勿論、
研磨仕上げまで一貫生産いたします。

真空炉ラインナップ
【主要設備・装置】
ソルト焼入 ソルト浸炭焼入 真空熱処理炉 真空浸炭炉
高周波焼入 ガス室化処理 光輝熱処理炉 フレームハード 

 



ソルト焼入工場
弊社は総合熱処理と銘打っていますが、
材料から加工まで請け負うネットワークがあります。

横浜高周波工業(株)

2011年07月06日(水)1:05 PM

■ご挨拶

「鋼をとことん知り尽くす」
創業以来、当社では顧客の皆様の高水準なニーズに応えるため、 日々奮闘を重ねています。
それは、永年培われた経験と技術をより磨き上げることはもちろん、
それらを存分に活かせる最新設備の導入、鋼の組織に関する技術情報・技術知識の習得にまで
及んでいます。
鋼の組織には、純鉄に近いフェライト組織、標準状態のパーライト組織、これを加熱したオーステナイト組織、硬いが脆いマルテンサイト組織、強靭で粘りのあるソルバイト組織と様々なものがあります。
当社ではこうした鋼の基本組織に関する知識、あるいは鋼の組織をコントロールする技術知識、そしてあらゆる熱処理に関する技術情報・技術知識などの習得に力を注いでいます。

■会社概要

所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町964-17
TEL 045-542-8484
FAX 045-542-8498
設立 1969年(昭和44年)8月7日
資本金 1,000万円
代表取締役社長 関 朋子

■製品紹介

「複雑形状でも高精度な焼入れを実現」
当社がもっとも得意としている高周波熱処理の原理とは、高周波誘導電流の流れているコイルの中に加工物を置くと、加工物自体に二次電流が流れます。
この電気エネルギーが熱エネルギーに変わり、加工物の表面のみが発熱。
発熱後に冷却することで表面を硬化させるというもので、加工物とコイルの関係が重要です。
当社では、加工物の形状や周波数と熱処理層の深さなどの膨大な加工データを蓄積することで技術の向上を図り、 専用コイルの作成など、お客様のあらゆるニーズに応えてまいります。
高周波焼入れ コイル作成

組合事務局

    日本軸受加工株式会社 内
    横浜市港北区新羽町964-22
    tel.045-534-0065
    fax.045-534-0075

※組合員企業は、EA21の対象範囲に含まれておりません。